年齢に関係なく、キャリアの道が開かれている。平等にチャンスがあるからこそ、大事なのは自ら目標を掲げること

2019年より岐阜営業所でTMG(テレアポマネジャー)を務める佐藤さん。主に営業所内でテレアポスタッフの取りまとめ役を担っています。そんな佐藤さんが新卒として入社したのは、2016年のこと。入社4年目にして役職に就き、社員をまとめる立場になった佐藤さんに、自身のこれまでを振り返ってもらいながら、成長する上で外せないポイントを語ってもらいました。

 

 

就職活動中は、社会に出たらどんなことをやりたいと考えていたのですか?

 

就活開始の早くから、営業職に就きたいと考えていました。大学まで野球をやっていたので、体を動かして、お客様とやりとりできる仕事が向いている、反対に事務作業は苦手だと思っていましたから(笑)。営業はスタンドプレーのイメージもあって、そこにも惹かれましたね。

 

 

社会人となり働き始めて感じたこと、驚いたことなどありますか?

 

はじめに驚いたのは、「営業はチームプレーだ」と言われた点です。当社の場合はお客様のアポイントメントを頂く業務と、営業での商談は分業化されていて、それぞれの連携は不可欠。確かにチームプレーだと感じました。でも、もともとチームスポーツをやっていたからでしょうか、戸惑いはありませんでしたね。

あとは、スケジュール管理の大変さを痛感しました。営業であれば、期日までに売上成績を達成するの、やるべきアクションの洗い出しとアクションを実行するスケジュールの管理は自分でやっていかなければなりません。はじめのうちは見込み通りにならないことも多く、たくさん失敗しました。でも、おかげで軌道修正力は身についたと思います。

 

 

―TMGとしての業務内容を教えてください。

 

現在は営業所内で、テレアポスタッフのサポートをしながら、頂戴したアポイントメントを営業担当に割り振るなどの、管理の仕事がメインです。やみくもにアポイントメントを取るだけでは、営業の稼働率が下がってしまうので、契約につながるかどうかも精査して、無理のない営業スケジュールを組み立てていきます。稼働率が上がり、さらに成約率も上がればそれだけ営業所の利益につながります。個々が活躍できて、営業所としても好成績を残していくのがミッションです。

 

 

若くして役職に就けるのはすごいことに感じます。めざす上で必要なものは何でしょうか?

 

まずは、目標を掲げること。これに尽きます。いつまでに、どんな自分になりたいのか、その実現のために何をすべきなのか。掲げた目標に対してすべきアクションを逆算して、行動に移せる人が伸びていくと思います。あとは、まわりを大切に思う気持ちも、大事なポイントですね。目標は、自分だけで達成できるものじゃありません。まわりと一緒に、力を合わせて、自分も、みんなも前に進んでいく。そんな気持ちを持てる人であれば、キャリアの道はどんどんと開かれていくと思います。

株式会社テレ・マーカー

皆、便利でお得なものがあれば、それを選びたいに決まってる。 だけど、自分にとって何がベストか分からないから、何を選んでいいかわからない。 我々は、お客様にとって必要な情報を分かりやすく伝え、お客様のもとに届ける『インフォメーション・コンシェルジュ』。 将来に不安あるあなた、一度うちの会社に来てみませんか? 「営業力」という一生使えて、稼げるスキルを身に着けてみませんか。 仕事以外でもプライベートでも人生をめちゃくちゃ豊かにする、それが「営業力」。

岐阜県岐阜市金町6丁目21 岐阜ステーションビル8F


  • 若手が活躍
  • 地元産業に貢献
  • 業績が安定
  • UターンIターン歓迎
  • 残業が少ない

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!