【施設の特徴】 大垣市で福祉と医療の連携体制を整えてきたパイオニア。誰もが満足し幸せを感じられる施設、職場であるために。

特別養護老人ホーム友和苑施設長の村田務さんに、施設としての特徴や強み、職場の環境づくりへの思いをお聞きしました。どんな場所で働くのか、ぜひ理解を深めてください。

 

 

 

社会福祉法人麋城会は、地域に根ざした病院がもととなって設立されました。そのため大垣市周辺のエリアにおいては、先駆的に福祉と医療の連携体制を整えてきた実績があります。今では当たり前に考えられる医療と福祉の密接なコネクションを、この地域では一足はやく実現。特別養護老人ホーム単独では不安に思われる夜間の医療対応などについても心配が要りません。友和苑の隣には、仙台の理事長が経営する診療所があり、医師に定期的に来てもらえます。これは、友和苑の利用者さんにとってはもちろん、ご家族にも、ここで働く職員にも、安心して過ごしてもらえる大きな強みです。

 

利用者の方だけでなく、ご家族、地域の人たちに満足していただける施設運営を目指してきました。ご家族向けには、定期的にさまざまな情報を発信し、施設内のイベントなどにもご招待しています。他方で地域においては、心やすらかな暮らしを守る拠点のひとつとして、福祉サービスの提供、ボランティアの受け入れなどを通して、つながりを築いてきました。職員には、まちの人たちから頼りにされる存在として、責任感とともにやりがいも感じてもらえると思っています。世の中に不可欠な仕事を担っている使命感を持って、ぜひ一緒に仕事をしましょう。

 

職場としては、多様な人材にとって働きやすい環境づくりに取り組んでいます。外国人の方、子育て中の方など、能力やライフスタイルの多様さを包み込みながら、みんなに活躍してもらいたい。それぞれの成長に役立つように、施設内の研修では幅広い内容を扱っています。

新入職員の人たちには、3年目から5年目の先輩を指導係につけて、マンツーマンで丁寧に仕事を教えます。一人ひとりの成長に合わせて新しい仕事に挑戦してもらいますので、「福祉の仕事は難しそう」と思っている方も、知識と技術を着実に身につけ、自信を持ってもらえるはずです。先輩との面談も定期的に設けています。日頃から相談しやすい雰囲気ですので、仕事の悩み、資格取得の希望、キャリアステップの相談など、なんでも話してください。

 

「これまでの幸せとこれからの幸せ」がつながっていくように。私たちが関わるすべての人に未来に希望を抱いてもらえる事業をこれからも展開していきます。興味を持っていただけたら、まずは一度見学に来てください。私たちの思いを直接お話しできたらと思います。

社会福祉法人麋城会

岐阜県大垣市に根ざす地域密着型の特別養護老人ホームでの介護の仕事です。1997年に病院を母体として設立。医療と福祉の連携体制がしっかりとれた施設として、地域の方々からも信頼をいただいています。利用者さんにも、一緒に働く仲間にも、親身に寄り添う姿勢をもった職員が私たちの一番の強み。和気あいあいとした風土は、一度見学に来てもらえたら感じられるでしょう。記事を読んでご興味を持っていただけたなら、まずは足を運んでみてください。

岐阜県大垣市入方3-70-1


  • 岐阜県大垣市
  • 福祉の仕事
  • 新人研修に強み
  • 地域密着
  • 女性が活躍!

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!