【私の仕事】 利用者さんにも仲間にも寄り添える職場。丁寧な指導のもと、介護の担い手として成長を重ねられます。

特別養護老人ホーム 友和苑で介護職として勤める先輩へのインタビュー。この記事では、1年目の小森あゆみさんにお話を聞きました。高校時代から友和苑での実習も経験してきたという小森さん。職場の魅力やお仕事のやりがいについて語っていただきました。

 

小森さんの入社動機を教えてください。

 

私は福祉を専門に学ぶ高校に通っていて、老人福祉の実習で友和苑に3年間ずっとお世話になってきました。実習で訪れると、いつも職員さんと利用者さんがフレンドリーに接していて。こうして人に寄り添える仕事ができる場所で働きたいと思うようになったんです。就職活動では友和苑一択で、入社させてもらうことができました。

 

今はどんなお仕事を担当していますか?

 

施設の利用者さんの日常生活のサポートをしています。排泄、食事、お風呂の介助など、生活に関わる一通りのことはできるようになりました。新しく入った職員には、先輩がマンツーマンでついて指導してくださいます。ひとりだけでなく、いろいろな方のやり方を見せてもらえるので、「自分にはどんなやり方があっているかな」と考えながら学ぶことができました。

実習で何度も仕事を見てきたことも、実際にやってみると気をつけるべきことがたくさん見つかります。おむつの当て方ひとつでも、ギャザーの立て方、テープの止め方がきちんとしていないと漏れてしまう。こまやかなポイントまで丁寧に教えてもらいました。福祉の仕事を一から身につけたい人にとっても、安心してステップアップできる職場だと思いますよ。私自身も成長を感じながら働けています。

 

やりがいを教えてください。

 

毎日のコミュニケーションの中で、なにげなく「ありがとう」と言ってもらえるのがやりがいですね。言葉を話せない人もいますが、ふっと笑顔を見せてくれると「あぁ、よかったなぁ」と思えます。

人見知りではじめて担当する職員には機嫌が悪くなってしまう利用者さんがいたんです。私も最初は先輩と一緒に担当させてもらい、こちらから積極的にコミュニケーションをとるようにしました。すると、だんだん笑顔で話を聞いてもらえるようになって。打ち解けることができたんだと嬉しくなりました。徐々に心が通っていくことを感じながら働けるのは、この仕事の魅力です。

 

―これからの目標はありますか?

 

一通りの仕事は覚えましたが、先輩たちを見ていると、スピードも効率もまだまだです。目標にできる先輩がたくさんいるので、まずははやく追いつけるように努力していきます!

社会福祉法人麋城会

岐阜県大垣市に根ざす地域密着型の特別養護老人ホームでの介護の仕事です。1997年に病院を母体として設立。医療と福祉の連携体制がしっかりとれた施設として、地域の方々からも信頼をいただいています。利用者さんにも、一緒に働く仲間にも、親身に寄り添う姿勢をもった職員が私たちの一番の強み。和気あいあいとした風土は、一度見学に来てもらえたら感じられるでしょう。記事を読んでご興味を持っていただけたなら、まずは足を運んでみてください。

岐阜県大垣市入方3-70-1


  • 岐阜県大垣市
  • 福祉の仕事
  • 新人研修に強み
  • 地域密着
  • 女性が活躍!

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!