【私の仕事】 石川技研工業の高いクオリティを守る検査の役割。新たな製造法を生み出すプロセスにも携われます。

石川技研工業の若手社員にインタビュー。先輩たちのお仕事や職場環境についてお聞きしました。このフィード記事でご紹介するのは、品質保証部3年目の奥間ひかりさんです。

 

 

奥間さんの入社動機を教えてください。

 

私は、石川技研工業の経営理念に惹かれて入社しました。「今日を満足して生きることを大切にする」。お客様のことはもちろん、社員の生きがいもきちんと考える姿勢に魅力を感じたんです。社長直々に熱く語っていただきました。実際に勤務してからも、その理念を体現できる職場だと思いますね。

 

毎日の仕事に満足しながら働けるのは素敵ですね。では、今どんなお仕事をしているか教えてもらえますか?

 

品質保証部で検査を担当しています。製造部が作り上げたセラミック製品の外観検査や寸法測定を行い、きちんと仕様通りになっているか確認する業務です。三次元測定器や画像で寸法を測る顕微鏡などの機器を使います。当社の製品はミクロン単位の精度までこだわるので、とても見た目では判別できません。つまりはお客様からは高いクオリティを期待されているということ。不良品は決して出さないためにも私たちの役割は責任重大です。もしも不具合があれば、製造担当の人と相談して、加工法の見直しなどを考えてもらいます。

 

検査においても繊細な技術が必要かと思います。どのようにお仕事を覚えていったのでしょう?

 

基本的には現場で先輩たちから教わりました。学生時代は福祉を学んでいて、ものづくりの知識はまったくありませんでした。でも、図面の読み方、測定機の扱い方、一つひとつ丁寧に指導してもらえるので不安に感じたことはありませんね。検査の先輩だけでなく、加工について担当の人に聞けば、分かるまでじっくりと説明してもらえる。誰でもものづくりにチャレンジできる環境だと思いますよ。

 

お仕事のやりがいや面白さを教えてもらえますか。

 

量産品の検査だけでなく、試作品の製造に関わらせてもらうこともあります。まだ加工法が固まっていない製品を作ってみては検査にかける。形状の難しいものだと、その作業を何度も繰り返すんです。私も検査担当として、そのプロセスに加わります。試行錯誤の末に求めるものを作り上げられた。その瞬間のみんなの達成感に満ちた笑顔がすごく素敵で。部署を超えて連携してなにかを成し遂げる仕事に、私自身も加われるのをすごく嬉しく思っています。

 

今後の目標を教えてもらえますか?

 

お客様に安心して製品をお届けできるように、検査のノウハウをもっと磨いていきたいです。それから、納品時にアルコールやシンナーなどで製品をキレイにする工程があり、こうした薬品を取り扱うための資格を取得しようと考えています。知識が増えて、資格もあれば、社内で提案できることも広がりますから。そんなチャレンジを応援してもらえる環境も、当社の魅力だと思いますよ。

石川技研工業株式会社

石川技研工業の技術はこれからの社会に不可欠なものです。5Gなど最先端の通信技術にも使われているセラミック製品。当社は、ファインセラミックスの加工を得意とし、ミクロン単位の精度を加工する技術力で多様なニーズに応えてきました。量産品だけでなく、特注品、試作品など、お客様の願いと向き合いながら知恵を絞る仕事に挑戦できます。エンジニアとして、ものづくりの可能性を探究できる職場です。

岐阜県瑞穂市野田新田4108-1


  • オンリーワンのものづくり
  • 岐阜県
  • 女性が活躍!
  • 成長企業

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!