【私の仕事】 ミクロンレベルのクオリティを叶えるには人の手が欠かせない。自ら知恵を絞り最適なものづくりを実現する仕事。

石川技研工業の若手社員にインタビュー。先輩たちのお仕事や職場環境についてお聞きしました。このフィード記事でご紹介するのは、製造部4年目の関谷一輝さんです。

 

 

関谷さんの入社動機を教えてください。

 

父が製造業に携わっていることもあり、私自身もものづくりの世界にチャレンジしようと就職活動の時に考えました。石川技研工業に魅力を感じたのは、既存の製造ラインで一定の作業を繰り返す仕事ではなく、自分で考えて機械を操作して製品を形作る仕事ができると感じたから。技術者として、やりがいも成長の可能性も多い会社だと思います。

 

製造部ではどんな業務を担当しているのですか?

 

私の役割は、これから加工するワークを工作機械にセットし、仕様通りの完成品を作るための数値設定を行う「機械オペレーター」です。セラミックを削って、図面通りの形に仕上げています。入社以来、形状加工の技術を磨いてきました。今は主に決まった数の製品を作る定量品を担当しています。

 

お仕事のやりがいや面白さはどんなところですか?

 

やはり自分の思い描いた通りの加工ができた時には達成感を感じますね。数値を入れてしまえばあとは機械が自動的に加工してくれるのですが、図面通りに単純にセッティングすればいいというわけではありません。当社は、ミクロンレベルの精密な加工にこだわっています。では、機械に1000分の1まで数値を入れたらその通りに動くかといえば必ずしもそうではない。機械それぞれにもクセのようなものがあり、その誤差もきちんと把握した上で、狙った寸法を出せるように設定しなくてはいけないのです。そこが機械オペレーターとしての腕の見せ所であり、技術者がいるからこそ実現できる仕事だということですよね。

 

知識だけでなく技術者の感覚も問われる仕事なんですね。これまで4年、加工に携わってご自身の成長を感じる瞬間もあるのでは?

 

ものづくりに関心はあったものの、大学まではまったく別のことを勉強してきたので、ゼロからのスタートでした。最初は先輩の仕事ぶりを見て、段取りを覚えていく。徐々に任せてもらえる仕事ができたら、頭を巡らせて適切な方法を考えてみる。先輩たちにもたくさんアドバイスをもらってきました。なにも知らなかった状態から、今では図面やプログラムの数値を見て「こう加工すればいいな」と分かるようになったので、ステップアップはできていると思いますね。

 

今後の目標を教えてください。

 

効率的かつ高い品質を実現する加工方法を、自分の手で編み出せる技術者を目指しています。定量品の製造だけでなく、試作品など新規の製品の加工方法を一から考える生産技術の仕事にも、加工の難しい一点ものの製造などにも携われるようになりたいです。

石川技研工業株式会社

石川技研工業の技術はこれからの社会に不可欠なものです。5Gなど最先端の通信技術にも使われているセラミック製品。当社は、ファインセラミックスの加工を得意とし、ミクロン単位の精度を加工する技術力で多様なニーズに応えてきました。量産品だけでなく、特注品、試作品など、お客様の願いと向き合いながら知恵を絞る仕事に挑戦できます。エンジニアとして、ものづくりの可能性を探究できる職場です。

岐阜県瑞穂市野田新田4108-1


  • オンリーワンのものづくり
  • 岐阜県
  • 女性が活躍!
  • 成長企業

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!