【私の仕事】 ニーズの本質をつかんで柔軟なご提案を。前例に学び、知恵を働かせることでお客様に寄り添える仕事。

エスラインギフの社員にインタビュー。先輩たちのお仕事や職場環境についてお聞きしました。このフィード記事でご紹介するのは、入社3年目の大西未千伽さんです。

 

大西さんの入社動機を教えてください。

就職活動でエスラインギフを訪れた際、先輩社員の方々と直接お話しできる機会がありました。その時、「デスクワークばっかりじゃなくて、荷物を扱う現場の業務にも携わる職場」だと聞き、事務作業だけでなく、体を動かせる仕事は、自分に向いていると感じて、入社を決めました。

 

今のお仕事を教えてください。

基本は事務所での電話対応ですが、それ以外にもいろいろな業務を担当しています。お客様からのお問い合わせに対する見積書の作成、集荷や配達のためのトラックの手配、支店で扱うお金の管理なども行っています。入社1年目から、先輩にできることから順番に教えてもらい、段々と任せてもらえる業務が増えてきました。入社当初は、お客様の配送先の住所と地図を照らし合わせて、各ドライバーさんの担当エリアを知ることからスタートしましたが、今では、ドライバーさんへの指示出しもできるようになりました。入社時に聞いた通り、事務作業だけでなく、実際に荷捌き現場に行き、荷物を触れる機会があり、メリハリを持って仕事に取り組んでます。

 

お仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

嬉しいことに、最近は職場内で「大西さんに任せておけば安心できる」と言ってもらえるようになりました。そのように職場の方からのお話で、自分の成長を感じられるのはやっぱり嬉しいですね。私はいつもお客様のご要望に対して、相手の気持ちやニーズの根っこの部分をきちんと知ることを大事にしてきました。例えば、「荷物の配達時間を指定したい」とご希望があった場合、時間を指定したい理由などをよく聞くと、こまかい時間の指定までしなくても、ある程度時間に幅をもたせれば対応できることがあります。「できる、できない」を杓子定規に判断してしまうのではなく、丁寧なヒアリング、そしてドライバーさんとの相談などを踏まえて、お客様に寄り添った提案ができるよう心がけています。

可能な範囲で臨機応変な対応ができるのは当社の強みのひとつで、私たち働く人間にとっても、知恵の絞りがいがある職場です。もちろん、解決方法を最初から自分で考えることができていたわけではなく、先輩たちに「こんなやり方もあるよ」と教えてもらいながら、自分の引き出しを増やしてきました。

 

今の目標を教えてください。

後輩もできて、先輩に頼るばかりではなく、指導する立場にもなりました。私が先輩たちから学んできたように、お手本にしてもらえるような姿を後輩に見せたいと思います。後輩への指示を出す上でこれからは判断も求められるので、自分の中の基準をしっかりと確立させていきたいですね。

株式会社エスラインギフ

日本全国に物流ネットワークを張り巡らせるエスライングループの一員であるエスラインギフ。主に法人のお客様のお荷物をお預かりして目的地へと輸送する。世の中に常に必要不可欠な、経済や暮らしを滞りなく回す仕事です。若手社員がどんどんチャレンジを重ねながら、物流のプロとしてステップアップしていける風土と仕組みがあります。社会への貢献感も、自分自身の成長感もしっかりと味わえる当社での仕事をぜひ知ってください。

岐阜県羽島郡岐南町平成4-68


  • 地元産業に貢献
  • 若手が活躍
  • 女性が活躍!
  • 岐阜県
  • 事業の安定感抜群

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!