【先輩の仕事】 より良い職場をつくるために改善提案のチャレンジができる風土があります。社員一人ひとりの声で変わっていく職場です。

山田工業株式会社

2020年12月10日

山田工業の若手社員のみなさんにインタビュー。入社1年目、2年目からどんどんチャレンジできる、それぞれの仕事のやりがいなどをお聞きしました。このフィード記事でご紹介するのは、総務部1年目の山口梨花さんです。

 

 

山口さんの入社動機を教えてください。

 

私は大学で応用心理学を専攻し、人が過ごす環境のあり方について学んできました。オフィス空間に関わる山田工業の事業は、私の関心とも合うもので、3年生の時にインターンシップに参加しました。その際、3日間のプログラムで、人事だけでなく営業の社員の方も、学生に寄り添いながら課題に取り組んでくださって。とても親身に接していただき、山田工業で働く人の良さを感じられたんです。就職活動でも、私の疑問や不安にも丁寧に応えてもらえて、信頼できる会社だと思い入社しました。実際に社員の人たちと話してもらえたら、この雰囲気は伝わると思いますよ。

 

今はどんなお仕事を担当していますか?

 

総務部で、社内の仕組みや環境の整備など、幅広い業務に携わっています。例えば、保険に関する業務、年間行事の段取り、社用車の管理。先輩に教えてもらいながら、一つひとつ業務を覚えています。当社の総務部では、経理や人事に関わる業務も担っているので、この先もっと自分のできることを増やしたいです。

 

職場の魅力はどんなところでしょう?

 

部署に関わらず、自らチャレンジできる風土があるのはいいなと思いますね。先輩から聞いた話ですが、総務部から経営陣に直接プレゼンして、改善に至った例もいくつもあるそうです。具体的には、製造現場の声をもとに、作業着の貸与着数を増やす提案をして実現に至ったというお話も聞きました。その他、社内環境をより良いものにしようと、社員向けのアンケートを実施して、意見の取りまとめを総務部が行っています。

 

社員のみなさんの積極的な取り組みを後押ししてくれる環境なんですね。

 

工場でも最新のITを取り入れて便利にしていこうとする動きがありますし、変わっていこうとする意欲のある会社だと思います。長く勤めていく上でも、安心して働くことができそうです。せっかくそんな風土があるので、私自身も社内の改善に貢献できる仕事をしていきたいと考えています。一緒に働く人たちが「前より良くなった」と喜んでくれるような提案がしたいです。

山田工業株式会社

時代にあった人の働きやすさを生み出す、オフィス家具づくりの仕事にご興味はありませんか。山田工業は、社名だけではなんの会社か分からないかもしれませんが、実はみなさんの身近にある、デスクやチェアなどの開発から製造までを一貫して行えるメーカーです。大手ブランドのOEM製品をお任せいただいてきた、実績と安定感のある企業と自負しています。世の中のニーズの変化にも応じながら、進化を重ねていくオフィス家具。その時々に必要とされる製品を描き、カタチにし、世に広めていく仕事を一緒にしませんか。

愛知県名古屋市中村区竹橋町9-9


  • 若手が活躍
  • 歴史と実績のある企業
  • 一から製品を生み出せるモノづくり
  • 理系学生歓迎
  • 業績が安定

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!