【安定感抜群の事業】 コンビニに、スーパーに、食べ物が並ばない日はない。世の中が揺らいだその時も、名阪急配の仕事は決してなくなりません。

名阪急配株式会社

2020年11月04日

□ あなたの食べたいおにぎりは、今日も必ずコンビニにやってくる

 

想像してみてください…

コンビニに、待てど暮らせどおにぎりがひとつも並ばない(T T)

そんな光景は、日常生活の中ではありえないものになっていますよね。そう、食べ物はお店に並んでいるのが当たり前。あなたが食べたいと思った具のおにぎりも、一時的には売り切れても、いつかはお店に並びます。地震や台風など大変な災害が起きた時ですら、食べ物のように暮らしに不可欠なものを運ぶお仕事はストップしません。食べ物がいつまでも届かないとなったら大パニックです。

 

私たち、名阪急配は、東海三県を中心に、みなさんが目にしたことのある、きっと買い物をしたこともあるスーパーやコンビニに、冷凍、冷蔵、常温の様々な食品を届ける仕事を、事業の大きな柱としています。倉庫を管理して、必要な食べ物をトラックで運ぶよう手配する。

 

みんなが不自由なく食べ物を購入できる“当たり前”の毎日を支えているんです。

世の中が大きく揺らぐような出来事があっても、私たちの仕事は決して不必要にはなりません。

 

つまり、事業の安定感は抜群!

景気がちょっとやそっと上下したくらいでは、私たちはビクともしません。

安心して働き続けてもらえるでしょう。

 

□ コロナ禍でも食べ物の物流のバランスはとれていた

 

昨今の新型コロナウイルスの影響による経済活動へのダメージで、たくさんの企業が苦しい状況になったのは、みなさんも知っていますよね。

そんな中、私たちも自動車などものづくり関連の物流は少なからず業績がダウンしました。

けれど、主軸である食べ物の物流部門は、従来と変わらない売り上げを残すことができました。

 

テレワークで都会のコンビニの売り上げが減っても、田舎のコンビニの需要は高まった。

観光地へ運ぶ食べ物は減っても、地元のスーパーへちょっと高価なお肉など新しく運ぶものができた。

こうした変化に柔軟に対応できる力を備えていることから、バランスのとれた事業展開ができました。

 

当社は、この10年ほどずっと右肩上がりで業績を伸ばしてきました。

物流拠点も徐々に増えて、例えば大手コンビニチェーン様の物流ネットワークは、東海三県を飛び出して、滋賀京都にまで広がるものになっています。

コロナ禍によって、さすがにさらなる業績アップとはいきませんが、後退もしていません。

まだまだこれから事業のスケールアップも見込める、伸び代のある会社だとお伝えさせてください!!

 

名阪急配株式会社

コンビニやスーパーで欲しいものがいつでも買える(/・ω・)/ そんな、当たり前の日常を創るのがメイハンです!!!食料品から自動車部品まで、いくつもの大手企業様から物流拠点の運営をお任せいただき、幅広い業界において「ものを運ぶ」というコロナ渦でも止まらない必要不可欠な仕事をしています^^ そんな責任重大な役割を担っているからこそ、倉庫の運営を管理する社員には、適切な待遇を整備。間違いのない正確な仕事をコツコツと続けられる、真面目な人を必要としています!!!

愛知県春日井市東野町9丁目7番地の1


  • 成長企業
  • 業績が安定
  • 物流の仕事
  • 社会を支えるインフラ

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!