【会社の今と未来】 世の中でますます必要とされる産業用ロボット。導入・活用のプロとして事業発展の可能性は多い。

 

東海エリアにおいて、産業用ロボットによる「ものづくりの自動化」に貢献してきた松栄テクノサービス。ロボット活用の場面がものづくり以外の分野にも広がり、また新型コロナウイルスが業界の動向にも影響を与える中、加藤 正己社長はどんな未来を描いているのか。自社の今と未来について語って頂きました。

 

 

広がり続ける自動化のニーズ。製造業に加え新たなフィールドを見定めることで、自分たちの役割が増えてきている。

 

私たち松栄テクノサービスは、東海エリアのものづくり企業を中心に、産業用ロボットを必要とするお客様を多角的にサポートする事業を展開しています。例えば、ロボットの導入時に治具なども含めた最適な設備をご提案や、導入後の定期的なメンテナンス、故障時の迅速な修理対応。お客様の求める動作を実現するティーチングプログラムの提供。その他、ロボットのレンタル、ロボットを扱う人材の育成等です。ロボットによる自動化で、事業の発展、職場環境の改善を進めたいと考えるたくさんの方々を、継続的にサポートしてきた実績があります。大規模な工場を構える企業から、地場に根差した中小企業まで。東海エリアを拠点にものづくりの進化を後押ししてきたと自負しています。

 

また、自動車、食品など製造業全般で自動化が押し進められ、国の「世界をリードしよう」とする動きにも参画しています。幅広い業界と関わりを持ってきたおかげで、業績は、新型コロナウイルスの影響が多少あったものの、黒字経営を維持できました。簡単には揺るがない企業としての安定感を示せたのでは。

 

 

一方で、新たな生活様式の広まりは、新たなロボットへのニーズを生みつつあります。製造現場でも、今まで以上に作業者同士の距離が気遣われるようになりました。様々な工程で、人と人が肩を並べていたところで、ロボットと人が並んで作業する現場のあり方も模索されていくでしょう。人に変わって人型協働ロボットが導入される場面も増えていくはず。当社は、主に溶接ロボットのサービスを導入支援してきましたが、普及が進みマーケットが成熟していくのに伴い、検査やピッキングで用いるロボットも取り扱うようになりました。

 

最新のカメラやAIを組み込んだロボットなど、進化した技術を広めていけるのも当社の仕事の魅力。世の中の需要に対して、当社が果たせる役割はますます増えています。近年は、ロボット単体ではなく、製造ラインの構成までご提案する金額的にも大きな案件もお任せいただいています。今後さらに、携わる領域の拡大を目指していくつもりです。

 

 

「技術力と人間力」に秀でたエンジニア達が当社の最大の強み。

 

何といっても、当社の最大の強みは、ロボットを使いこなす技術に長けたフィールドエンジニアたち。様々な機種のロボットに精通し、メンテナンスもセッティングもできるのは当たり前。加えてお客様の様々なご要望に応えるため、提案の選択肢をいくつも持ち、不必要に高スペックの設備を勧めるようなこともなく、お客様の製品や現場にフィットする環境を提供するノウハウが培われています。

ロボットを使う人たちに寄り添う仕事を続け、長らくお取引をいただいているお客様が多いのも、エンジニアたちが築いてきた信頼の証。例えば、お客様の現場で不具合が発生したら、夜間であっても対応できるよう、社員同士が連携して体制を整えています。(夜勤はありますが、一人前になった後のこと。みんなで交代して担当します。)スピーディーな対応は当たり前と考えてきましたが、意外とできる企業はそんなに多くない。技術力はもちろん、お客様の声と真摯に向き合おうとする人間力のあるエンジニアがたくさんいますよ。

 

ロボットサービス事業を礎に、独自の製品やコンテンツを生み出し進化を続ける。

 

ご紹介してきたように、これまではフィールドエンジニアたちの技術力や人間力を礎に、ロボットのメンテナンス、セッティングなどのフォローを事業の主軸としてきました。今後は、自社独自のコンテンツや製品も生み出していきたい。遠隔でのやりとりが当たり前になれば、直接出向かずともオンラインでロボットの活用方法のレクチャーなどもできるようになるでしょう。空間的な制約がなくなれば、近隣の企業に限らず、海外の人向けの教育コンテンツをサブスクリプション方式でご利用いただけるかもしれない。社内ではすでにウェアラブルカメラを使った社員教育の試みもスタートさせています。お客様サポート用のオリジナルアプリケーションの開発を視野に入れ、IT系の人材採用も考えているところです。

 

メンテナンスやサポートがメインの企業が、自社コンテンツを持つメーカーと進化していく。なかなか面白い発想だと思いませんか。そんな未来が描けるのは、組織として個人としてお客様から信頼されるノウハウを作り上げてきたからこそ。ロボット産業を通して世の中を豊かにする事業の可能性を今後さらに広げていきたいと思っています。

松栄テクノサービス株式会社

松栄テクノサービスは、誰でも「産業用ロボットを操るエンジニア」になれる会社です。現在、あらゆる産業で、工場の自動化(ファクトリーオートメーション )が必要とされ、産業用ロボットの需要がなおも伸び続けています。松栄テクノサービスは、ものづくりの現場を中心に、産業用ロボットの導入や活用をお手伝いする仕事です。お客様が安心して利用できるように・適切に活用できるように、あらゆる産業を下支えする重要な仕事をぜひ知ってください。

〒480-1153 愛知県長久手市作田2丁目909番地


  • 業績が安定
  • 文理不問
  • 新人研修に強み
  • 技術力がある
  • 地元に貢献

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!