【先輩社員インタビュー】アットホームな社風のもと営業のノウハウを習得。商品を借りたい顧客の窓口となり、建設・土木の現場を支える

マツオカ建機株式会社

2021年04月14日

三重県をはじめ、東海圏の企業との取引の多いマツオカ建機で、営業職として活躍する小川さん。既存顧客の対応はもちろん、新規開拓などを任されています。入社4年目を目前に控え、最近では先輩から担当顧客を引き継ぐなど、手がける仕事の規模感が大きくなってきているそうです。「責任ある仕事を任され、プレッシャーを感じながらも、日々励んでいます」と語る小川さんに、入社後どのように経験を積んできたのかを聞きました。

 

 

お仕事内容について教えてください。

 

既存のお客様からの「この商品を借りたい」といったご依頼に対応するのが中心で、最近では新規顧客の開拓などにも携わっています。また、案件によっては商品が導入される現場の管理者として、作業員のマネジメントなども行います。簡潔に表すなら、無事にお客様に商品を貸し出しして、お使いいただけるように、いろいろな手配をするのが僕らの仕事です。貸し出した商品に関するお問い合わせに応じています。

 

 

入社後は、すぐに営業の部署に配属となったのですか?

 

いえ、当社ではまず整備について学んでから、営業の仕事に就きます。当社が扱う商品の種類はもちろん、性能や特徴などを、整備を通じて学んでいくのです。この経験は、営業として活躍するためには欠かせません。同じ種類の機械でも、メーカーによって性能や特徴もさまざま。営業はそれらを把握して適したものを提案する立場にありますし、また、貸し出し中の商品に不具合が出た場合、その問い合わせに対応しなければなりません。基礎知識があることで、これらにも対応しやすくなる、というわけです。期間はまちまちですが、僕の場合は2ヶ月程度経験を積んだ後、営業に配属となりました。

 

 

まもなく4年目を迎えるとなると、仕事内容に変化もあるのでは?

 

先輩から大きな案件を引き継ぐことになるなど、責任の大きな仕事を任されるようになりました。正直プレッシャーはかなり大きいです(笑)。でも、これも大事な経験。4年目は変革の年とできるよう、励んでいきたいです。

 

 

小川さんの感じる、会社の魅力とは?

 

入社するまで「社会人は厳しい」と思っていましたが、皆さんとても優しくて、良い意味で想像が裏切られました。何かわからないことがあれば丁寧に教えてくださりますし、もしもミスしたり、良くない失敗をしたりしたら、しかるべき形できちんと叱ってくださる。年齢の差なども感じにくく、誰でも相談しやすいと感じています。自分を高めていきたい人にとって、成長を感じられる環境だと思いますよ。

マツオカ建機株式会社

当社は建設機械、軽機械、ユニットハウス、仮設材の総合レンタルから仮設工事、特別教育講習まで、建設関連の総合リースレンタルサービス業として、地域の社会インフラ整備に貢献しています。三重県、愛知県に営業拠点を構え、地域に密着した営業網と品揃えで工事現場の合理化、高効率化を実現。近年では物流機能体制も整備拡充し、タイムリーで安全・安心な配送サービスを提供しています。

三重県三重郡川越町当新田17


  • 地元産業に貢献
  • UターンIターン歓迎
  • 業績が安定
  • 三重県
  • サービスが魅力

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!