【入社1年目のチャレンジ】 ホールディングス企業10社の人材採用を一手に担う。若手の目線から自社の魅力を発信して、仲間を募ってきました。

ひかりホールディングスの先輩にインタビュー!将来、企業の運営に携わり、組織をリードする人材を育てるために、入社1年目から責任ある仕事を任せられる環境をのぞいてみました。このフィード記事でご紹介するのは林優太さんです。

 

まず、林さんの入社動機を教えてください。

 

就職活動では、漠然と「将来性のある大きな会社で働きたい!」という気持ちがありました。ひとつの指標としたのは上場企業であること。合同企業説明会で出会ったひかりホールディングスは、その条件に合う会社でした。

社長の話をじっくりと聞いてみると、まずその熱量がすごい。そして、企業理念にも多く共感できる点があり、自分にぴったりの職場なのではと思いました。具体的には、「礼節を重んじた丁寧な仕事を大切にしている」ところや、タイル業界という「商流が変わらないニッチで、伝統的な領域に関わりながら、新しい事業を追い求めようとしている姿勢」など、話を聞くほど、この会社で働いてみたいという思いが湧き上がって、ワクワクしたんです。

 

入社1年目、どんなお仕事から担当されているんですか?

 

私は「経営戦略室」に配属され、社長と管理部長のもとで人事を担当しています。主にはグループ内の採用活動を取り仕切る仕事です。私たちのホールディングスには、当社を含めて10社の企業があります。それぞれの企業が必要としている人材をどのように募集するか戦略立てて、実行するのが私の役割です。採用したい企業に合わせて、中途採用や高卒・大卒などの新卒採用の活動を動かしています。

 

―1年目からグループの採用活動を担う役割とは、責任重大なポジションですね。

 

昨年までは社長と管理部長が担当していましたが、新卒採用に力を入れると同時に、より大学生に近い立場から当社の魅力を訴求していこうという方針になりました。私自身意外な役割でもありましたが、やりがいのある大きな仕事だと感じています。

 

技術職、営業職といった一般的にイメージしやすい職種とは異なる仕事だと思います。具体的にはどんな動きをしているのでしょう?

 

そうですね。私もどうすれば採用目標を達成できるのか、試行錯誤を繰り返す毎日です。最初は、ホールディングス内の各企業の現状やニーズをきちんと理解しようと、各社の代表や人事担当のみなさんにお話を聞いてまわりました。改めて「どんな事業を展開していて、どんな人材を必要としているのか?」、「今の人員配置の状況と課題は?」など、疑問点を少しずつ解決していきました。

 

とはいえ、どうにも知識がなくて頭を抱えたこともありました。ですが、当社には社長直々に指導してもらえる研修プログラムが随時設けられており、そこで様々な知識を学ぶことができます。組織運営に関わるための知識やノウハウを伝え、チャレンジを後押ししてもらえるからこそ安心して任された仕事に取り組めました。

 

「やりがいのある大きな仕事」とおっしゃいました。やりがいや面白さを感じるのはどんなところでしょう?

 

まず、毎日のように新しい課題が出てくるので、決して簡単ではありませんが、その分刺激も多いですよ。分からないことを「分からないので教えてください」というのは簡単です。けれどそうではなく、自分で考えて形にすることにこだわってきました。目の前のミッションに対して、自分はどうしたいのか明確にし、それから上司に提案してミーティングで意見をもらいます。考える力は磨かれたと感じていますね。

 

大学4年生向けの合同企業説明会に出展するブースの企画もしました。「せっかく若手が中心でやるなら、これまでとは違う訴求がしたい」という思いはありましたが、どうすればブースに集まってもらえるのか明確な策が浮かばず、ずいぶん頭を悩ませました。考えた末、説明会で接する機会だけでなく、帰宅後に当社への理解を深めてもらうため、新しいパンフレットを作成し、自分たちの考えた内容をパワーポイントで形にしました。後日、その説明会経由で「入社したい」と訪れてくれた学生もいて、訴求した内容が響いていたのは嬉しかったですね。

 

―1年目からそれだけ自分で考え、実行する仕事にチャレンジできるんですね。達成感も大きいのではないかと思います。

 

私が所属しているのはホールディングスを運営する企業なので、直接的な仕事の相手はグループ企業の経営者であり、グループ企業を通してたくさんのお客様とつながっている感覚があります。だから、採用活動においても、代表や人事の方々から「動いてくれて助かったよ!」と喜んでもらえるのが一番の達成感につながります。組織に貢献することができたんだなと感じますね。1年目からこんな感覚を味わえるのはなかなかないと思いますよ。

 

今後の目標を聞かせてください。

 

来年度は7名の新卒社員の入社が決まっています。新卒採用1期生として、これから仲間になる後輩のお手本であると同時に、ステップアップの道をしっかりとつくっていきたいです。

株式会社ひかりホールディングス

東証「TOKYO PRO Market」上場中。タイル加工を主に行うひかり工芸、建築石材タイルの輸入販売から施工・建築物撮影を行うセラミックワン、及びスマホの5G規格に係る情報通信設備工事・点検保守を行うエムエイト、各種保険代行・経営コンサルを行うCI`Sイノベーションズを傘下として成長しております。地元企業として中部地区の大学卒業予定の方や、中部地方の出身者を中心に採用を計画しております。当社グループと共に大きく成長して行きましょう。エントリーをお待ちしてます。

岐阜県多治見市笠原町1223-14


  • 若手が活躍
  • 急成長企業
  • 岐阜県
  • ホールディングス経営
  • 将来のリーダーを目指す

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!