【わたしの仕事】 製造現場の改善、課題解決の道を見出す。文系出身の私が入社1年目から任された生産技術。

イワタツールの先輩へのインタビュー。この記事では、入社3年目、生産技術の末原匠さんにお話を聞きました。文系出身ながらものづくりの世界に飛び込んだ末原さんが、どんなキャリアステップを刻んでいるのかのぞいてみます。

 

末原さんの入社動機を教えてください。

 

イワタツールには、説明会で社長のお話を聞いて強く惹かれました。社長自ら、会社の将来や、私たち新入社員にどんな仕事を任せたいのか、明確かつ詳細に語ってくださったんです。自分がどんなことができるようになるのか、どんな人材になれるのか将来像がはっきりとイメージできました。ぜひたくさんの人に社長のお話を聞いてもらいたいですね。

私は文系出身ながら、ものづくりに興味を持ってイワタツールの採用試験を受けました。技術職は難しいのではと営業を志望しましたが、文系理系関係なく精密切削工具作りにしっかりと携われると聞き、それも入社を決めた理由のひとつに繋がりました。実際、予想以上にいちから技術を身につける働き方ができて、すごく充実していますよ。

 

知識も経験もないところから、生産技術を担当しているんですよね。具体的にどんなお仕事か聞かせていただけますか。

 

はい、入社1年目から任せてもらっています。生産技術は、製造現場をより効率的にするための方法や、トラブルが起きた時の解決方法を考える役目。寸法通りに加工ができないといった場合に、3Dシミュレーターで機械の動きを確認するなどして、原因を究明して解決策を提案します。

ものづくりの世界では、自動化が進んでいるという話もよく聞きますよね。ロボットなど工作機械の設定をすれば、あとは自動的に製品ができあがってくる。そんな世界観をイメージする人もいるかもしれません。でも実際は、最適な方法を編み出し、機械を的確に扱うためには人の知恵が不可欠です。人の手による作業もあります。各種機械、人の手などをどのように組み合わせたらいいか、答えを導き出すのが生産技術の仕事なんです。

 

ただ機械を動かすだけではなく、より良い方法論を考えるポジションなんですね。知識も経験値も必要そうな印象を持ちますが。

 

そうですね。最初の頃は、トラブルに対してどこを調べたらいいのかもわからず、社長や先輩からたくさんヒントをいただいて、自分で調べて、試してみての繰り返しでしたよ。文献を見つけても、数式が難しくて解読するのに時間をかけていました。今でも社長に質問する機会は少なくありませんが、3年経って自分で調べて解決できることも増えてきて。分からないことに挑戦させてもらっているからこそ、できなかったことができるようになる達成感も得られるようになりました。ひとつのドリルを作る上でも、関われる工程も増えてきました。

「社内で教わったことで足りないなら、外部で学ぶ機会をどんどんつくったらいい」と社長はよくおっしゃっています。機械の使い方でわからないことがあるなら、質問事項をまとめてメーカーへ1日2日勉強にいくのもあり。知識や技術を習得したいという意欲を受け入れ、応援してもらえる風土があるので、安心して働けると思います。

 

トラブルの解決など、印象に残っているエピソードはありますか?

 

例えば、加工した後に本来はあるはずのない傷ができることがあります。その傷はなぜついたのか。調べてみると原因はいろいろと考えられます。砥石を動かす向き、治具の摩耗など。イワタツールは、精密切削工具の中でも極小径ドリルを得意としていますが、ミクロ単位の精度が求められる中で、不具合の原因は切削時に流す油の温度だったということもありました。パッと目では気づけない原因もあるんですよね。

 

センターレスという、回転する砥石で棒状の材料の直径を一定にする工程で、どうやっても誤差が出てしまうというケースもありました。その時、自分はまだその機械の扱いに慣れてはいなくて。頭を悩ませていると、社長から社外の研修にいくようにとお話をもらいました。センターレスの加工の理屈を教えていただき、自社に戻ってから、研修の資料とマニュアルを突き合わせながら、セッティングを一つひとつ確認してみる。考えられる可能性を潰していき、誤差をなくすことに成功しました。このように一歩一歩成長を重ねています。

 

今後のキャリアについてはどのような可能性があるのでしょう。

 

社長とは、お客様と直接やりとりをする営業的な役割も担うようになるかもという話をしています。もともと志望していた職種でもあり、身につけた技術も生かすことができるでしょう。今はまず、生産技術で経験を積んでいくほど、知りたいことがどんどん見えてくるので、目の前の仕事に一生懸命に取り組み、勉強をし続けていきたいです。しっかりと製造現場での経験を積ませてもらっているので、どんな道に進んでも身につけたものを生かしていけると思います。

株式会社イワタツール

ドリルが世界を変える。どんなにすご腕の職人がいても、どんなに高性能の機械があっても、思い描いた通りに加工できる道具がなければ、理想のものづくりは実現し得えません。イワタツールは、極小のドリルをはじめ、精密切削工具をつくり続けてきた会社です。イワタツールにしか作れないドリルがある。イワタツールのドリルがなければできなかったものがある。技術者たちが思い描くよりも常に一歩先をゆく製品を追いかけるチャレンジ精神。きっとまだ知らない世界一のものづくりをぜひとも知ってください。

名古屋市守山区花咲台二丁目901番1 テクノヒル名古屋E-3


  • 女性が活躍!
  • 業績が安定
  • 若手が活躍
  • 理系学生歓迎
  • 地元産業に貢献

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!