何を売るかは、自分で決める|先輩社員3人が語る自由な営業スタイルとは?

ーそれぞれの入社のきっかけを教えてください。

近藤:私は新卒で当社に入社しました。大学生のときは広告業に興味がありました。しかし、当時は就職氷河期で、なかなか就職には繋がりませんでした。

そこで、求人募集をみて応募するのではなく、自分から企業を探す方法に切り替えました。その際、電話をきっかけにジーピーセンターで面接を受けさせてもらったことがきっかけです。実際に足を運び、明るい雰囲気や人間関係に良さを感じ、「この会社にしよう」とその場で決めました。

関口:私は転職で入社しました。もともとはジーピーセンターの協力会社に勤めていましたが、ジーピーセンターの業務内容やレスポンスの良さに魅力を感じ、前の会社の形態が大きく変化したタイミングで当社に入社を決めました。

西尾:僕の場合は、学生時代にコンビニでアルバイトをしていた経験から「人と接する仕事をしたい」という思いがあり、ジーピーセンターの求人を見て惹かれるものを感じて応募しました。入社当時から「一緒に頑張ろうな」と声をかけてくれる先輩たちに出会い、今でも「いい先輩に恵まれているな」と感じながら仕事をしています。

ー営業職として働く中で、身についたスキルを教えてください。

近藤:判断力です。営業なので、お客様との相談するなかで、その場の判断が求められる瞬間があります。会社の顔として社外の方と接するため、営業の判断は会社の判断になります。YESとNOの境目を考えつつ、責任をもって冷静に判断できるようになったと思います。

関口:管理能力だと思います。原稿の入稿から印刷までをとても長いスパンで動かしている案件もあり、そのような案件では進行管理が大切です。

西尾:要望に応える力です。働き始めた時は、お客様の要望に対してどうすれば応えられるのかが分かりませんでした。場数を踏み、お客様の要望を叶えるための工夫を考えてきた結果、経験と知識が身についてきたと実感しています。

ー新入社員に対しての研修はどのような内容ですか?

近藤:まずはじめに、印刷に関する知識を深めるために各工程を巡り、0から製品ができるまでの工程を勉強してもらいます。その後、各営業に同行し、多種多様な案件や得意先からの受注の仕方、それに対する見積り等を学んでもらいます。

関口:ベテラン社員について営業の仕方を手取り足取り教わる形になります。営業としてのノルマはありませんから、焦らず安心して一つ一つ覚えていけます。

ージーピーセンターの営業スタイルを教えてください。

近藤:ジーピーセンターの営業は「決まったものをこれだけ売らなければならない」という縛りがなく、他の会社よりも自由です。営業個人の考えで動いて、会社の売り上げに貢献できれば何を売っても構いません。

関口:極端な事を言うと、どこへ営業に行ってもいいです。自分の好きな業界に営業できる自由さが魅力だと思います。

ー過去の、一風変わった受注があれば教えてください。

近藤:公園の遊具を売ったり、カブトムシ1000匹を用意したこともありましたね。

西尾:オーストラリア産の、景観レンガを売ったこともありました。印刷物はどんな業界にもあります。印刷物をきっかけにお客様との関係を構築し、弊社でご協力できる範囲であれば印刷以外でもご提供したいと考えています。

ー営業の社員さん同士の関係性はいかがですか?

関口:車で来ている社員が多いので、頻繁に飲みに出かけることはありません。年に1回、泊まりで飲みにいくことはありますね。いわゆる飲ミニケーションは少ないですが、会社で話が盛り上がることはよくあります。

近藤:普段は個々で行動することが多いですが、いざとなったときにはチームワークを発揮できる団結力があります。困ったときに相談しやすい雰囲気もあるので、気軽に相談できるのはいいところだと思います。

ー仕事を続ける上でのやりがいを教えてください。

近藤:営業職として働くまで、営業は会社と会社のお付き合いだと思っていました。ところが実際に営業をやってみると、個人と個人の繋がりが大きいと感じます。

もちろん、会社の代表として営業に行くことにはなりますが、個人の信頼関係のおかげで自社を選んでもらえると嬉しいです。また、受注は会社の数字に直接反映されるので、やりがいを感じます。

関口:自分が納得し、お客様に喜んでもらえるような本が出来上がったときは嬉しいですね。お客様と喜びを共有できることは、やりがいがあります。

西尾:イベントなどに使う印刷物やチラシを作った後に、「チラシのおかげで参加者がたくさん来た」との連絡をもらうと、一生懸命作ってよかったと達成感を感じます。お客様の要望に応えるために、新しいことにチャレンジしたり、情報収集したりする点は大変ですが、一方で自分の成長に繋がっていると思います。

ーどんな人がジーピーセンターの社風に合うでしょうか。

近藤:性格が素直な方です。社会人になるときは、どうしても建前を気にしたり、構えてしまったりすると思います。だからこそ、知らないことは知らないと言える素直さがあって欲しいです。お客様にも、知らないことは知らないと言える素直さがあれば、営業として必ず成長すると思います。

関口:好奇心旺盛な方がいいですね。どんな分野でも物怖じせず、営業に行けるようなバイタリティのある方はやりがいを感じられると思います。先輩社員を見ていて、そう思います。

西尾:営業職なので、やはり人と接することが好きなことが大切だと思います。お客様の商売をより良くしていくために、お客様と一緒に進めていきたい、という気概のある方は、ぜひ一緒に働きましょう!

株式会社ジーピーセンター

昭和45年に写真製版業として創業したジーピーセンター。1990年代に入り、お客様からのさらなる短納期化と印刷品質向上の要望に応えるために、印刷機械とDTPシステムを導入し、グラフィックプリンティング・センターとして製版業から印刷業に業態を転換しました。現在は、デザイン制作、webサイトの作成・運営、ノベルティ作成、看板作成など、広告の分野におけるさまざまなサービスを展開し、「対応力」と「技術力」を強みに、お客様の気持ちに寄り添いながら、スピーディかつクリエイティブにご要望にお応えしています。

愛知県豊明市栄町三ツ池下33番地3


  • UターンIターン歓迎
  • 転勤なし
  • 地元産業に貢献
  • 土日休み
  • 新人研修に強み

この会社の他のフィード記事

すべてを見る

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!