中部飼料株式会社

  • メーカー(食品)

中部飼料は、1949年創業の配合飼料の総合メーカーです。鶏・豚・牛・魚の飼料製造販売を主力事業に、ごまの成分セサミンが豊富な卵「ごまたまご」などの特色ある畜水産物の販売や、有機入り配合肥料の製造販売を行っています。また、環境問題に取り組んだ畜糞発酵堆肥化装置の製作販売やペットフードの製造販売、畜産保険販売など、畜産関連事業をグループで手掛けています。

  • 上場企業
  • グループ企業
  • UターンIターン歓迎
  • 全国展開
  • 新人研修に強み

事業・仕事のやりがい WHY WE DO

飼は「食」を司る

飼料は、特性ある畜水産物を作ることができ、私たちの食を支えると共に、その安全性に重要な役割を果たしています。例えば、私たちが日々食べている肉や卵、魚は、その家畜や魚を育てる飼料によって、通常より多くのビタミンを卵に含ませたり、肉特有の臭みを減らしたりといったように味や色、栄養成分を変えることが出来ます。また、飼料の供給や安全性に問題が生じれば、日本の食を支えることはできません。当社は、『飼は「食」を司る』という考えのもと、日本の食を支える企業の一員として、お客様に安心・安全な飼料を提供しております。

風土・仲間 CLIMATE AND FRIENDS

お客様と共に、課題を見つけ出し解決する

飼料業界は商社の系列メーカーが多い中で、中部飼料は独立系の飼料会社です。チャレンジする事を良しとし、ノープレー・ノーエラーではいけないという社風があります。

全国に展開する中で、基本となる考え方は、お客様と共に課題を見つけ出し、それを解決することです。課題を共有し解決するため、当社では、可能な限り営業マンと研究員、時には製造担当者がお客様の現場に入り、お客様と同じ目線に立つことによって、共に本当の課題を導き出し、製販一体となって解決する提案を行っております。これは、創業から現在までお客様と共に成長してきた中部飼料の根幹にある考え方です。

会社データ Company Data

事業内容

■畜産・水産用配合飼料の製造販売
■有機入り配合肥料の製造販売
■畜水産物の販売
■家畜診療業務

代表者

代表取締役社長 平野 晴信

設立

1949年3月

従業員数

409名(2019年3月)

売上高

1,870億円(2019年)

資本金

4,736百万円

本社所在地

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦二丁目13番19号 瀧定名古屋ビル5階

事業所

・本社(愛知県名古屋市)
・工場・仕入れ部(北海道、青森県、茨城県、愛知県、岡山県、鹿児島県、神奈川県、静岡県)
・営業所(北海道、宮城県、神奈川県、愛知県、愛媛県、宮崎県、大阪府、茨城県、岡山県)
・研究所等(愛知県、北海道、青森県、静岡県)

関連サイト
公式HP

RECOMMENDED FOR YOU

あなたにオススメの他の企業

TOP

24時間以内に開催される予約済みのイベントがあります!
忘れずに詳細をチェックしよう!

2019年4月5日(金)開催!